満月の夜に魑魅魍魎。

もういいや、テーマとか何とか。
適当にぶつぶつ言っておくw
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
1人で生きていけると思った瞬間。
JUGEMテーマ:日記・一般
 
先日救急搬送されたという話を書きましたが、1回目=全身の震えが止まらず体中の力が入らなくなるという状況でAという病院に搬送。2回目=お買い物の途中で意識を完全に失い、気づいたら救急車の中。頭から大量に流血でBという病院に運ばれる。まあ簡単に書けばこんな状況。

Bの時の話を中心に書こうかなと。救急車の中で話しかけられて意識を取り戻した。「Bという病院に搬送しますからね」どこでもいいですって気分になりました。後頭部がねっとりと温かい・・・。「頭から出血してますから動かないでくださいね」・・・頭怪我したのかって気分。だって意識ないんですもの、怪我した時。

救急隊員の方が「お荷物これだけですか?」と問いかけてくる。そうなんです、そう言いたくなる程度のお荷物具合。持ってるもの=小銭いれ・鍵・人参と玉葱、以上!みたいな。携帯すら持ってないっていう状態だったんですね。旦那の人が昼寝している間に近所にお買い物行っちゃおうと軽装で家を出ていたため一切の重要なものを持って出ていないわけですよ。たかだか10分で戻る予定なんですから。

治療を終え、タクシーで家に帰る。旦那の人は近所の居酒屋で飲んでました。居場所の見当はつくので参じたところ不機嫌に「なにやってんだっ!」と言い放つ。フツーはどうしたの?とか大丈夫??とかあるだろうになぁと。

まあ数日間2回ほどB病院に消毒に通う。が、、今日夜になってから頭に激痛。一週間経つのにどうしたこれ?状態。迷わずB病院に電話。ところが今日脳神経外科のドクターはいないと。自分で他探して行けと。げーーーー。

泣きそうになりながらA病院に電話。「それは最初に診てもらった病院に電話したほうがいいですよ?」いやだからともう一度事情を話して診てもらうことになりました。その陰には別件でA病院に通ってるという事実もあったので少し話が早かったように思います。タクシーで飛んでって診てもらったところ・・・異常はないけど痛みの原因はなんとなくわかったんですねぇ。ガーゼが傷に貼り付いてどうにもこうにも状態で「これは痛いかも。でも脳には異常ありませんから安心してください」ということで痛み止めや抗生剤をもらって帰宅。

さてここで問題です。旦那の人は何をしてたんでしょうか?私が電話で交渉している横でゴロンと寝転がり、寝に入ってしまおうとしてるんですねぇ。私痛さのあまり泣きながら電話しているというのに。しかも付き添いも「一緒に行こうか」の一言もございません。孤軍奮闘でしたよ、まったく。

タクシーの中で「1人でも生きていけそうな気がする」と思ったのは内緒でもなんでもありません(笑)。



| 怒! | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
朝からムカついた・・・。
JUGEMテーマ:日記・一般
 
今朝乗換駅でのこと。
その駅は路線の始発になるので一本待てば楽楽座れるわけです。
で、私は一本あとの電車に乗ろうと列の最後尾についたんですね。
で、その前から待つ人は列の左横に並んでいるわけです。
私の待ってた列は横に並んでいる人がオッサンひとり。
わざわざ歩いてそこまで行くまでもないか・・・と思って最後尾のところでぼーっと待ってたわけですよ。
で、電車が丁度入ってきて列が進み始めたんでそこからユルユル前に進んで。
列が途絶えたところで様子を見ながらオッサンと同時くらいに最前列に入ったらですよ、
いきなり

「あんた、それはないでしょう。次に乗るなら横に並びなさいよ!」

ちょwww3列あってお前ひとりじゃん!!!!
なんだコイツ!って思って
「はぁ?3列あってあんたひとりしかいないし、様子みたんだからいいでしょ!」
「そんな問題じゃないでしょう」

????( ゚д゚)ポカーン
どんな問題だろうか?

駅員も( ゚д゚)ポカーンとしてたのでいっかwwと思って
「ふざけんなっ!バーカ」って言い捨てて他の列(誰も並んでないドアマーク前)に移動したんだけどw
こんだけ誰もいないんだから細かいこと言ってんじゃないよ、オッサンって思った。

ルールを守るのは守ります。
でも、この場合は違うと思ったなぁ。
こんなことで怒ったら横で並んでるのに、何度後ろに並んでた人にそのまま先頭に並ばれてるかわからない私の立場はどうなんだ?とかw
朝は心が狭くなりがちなのはわかる。
でも、今朝のはハッキリ言って言いがかりだな。


| 怒! | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
昨日、眠い・・・って言ってたら。
どうやら会社に入った新入社員が
つい先日ひどい風邪を引いているにも関わらず、
会社に来ていてゴホゴホ咳してて
うつったらやだな〜と思っていたら。
案の定である。


午後から劇的な寒気に襲われ、
昼食も食べることが出来ず、
25日前というのに計算もできず。
頭は重く、回転一切しない状態に!



怒!




ったくよ〜。
しょうがないので3時にて早退。
帰り際にかの新入社員が
「いや〜うつしちゃいましたか〜?
ボクなんか人にうつしちゃったらすっかり
楽になっちゃって」
と嬉しそうに言った。


さらに



怒!!



家に帰ってふとんに包まって
寝るとも寝ないともない状態。
実際は眠れないって感じなんすよ。



でも座っているのもつらいので
じ〜〜〜っと旦那が帰る10時まで
寝転んでました。


一応夕飯はうどんだけだけど作って
旦那には食べさせて、私は水しか喉通らない。



結局12時過ぎに眠ろうとしたけど、
1時半くらいまで眠れなくて。



今日は健康診断の日。
さぞかし、血液検査で白血球の死骸がみつかることでしょう。
| 怒! | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
満員電車の中で思うこと。
世の中にはかなり自分勝手な人がいるもんで、
満員電車に乗ると


「ああ〜も〜!」



と頭をはたいてやりたくなることもしばしば。
いろんな場合があるのだけど、
一番最近ではこんな人がいた。



鮨詰状態の電車の中、
私の前に立っていた若い女性が
なぜか自分の前のスペースを確保しようと
グイグイ押してくる。



うあ・・・なんだよ?と
思ってみてみたら



スペース確保してメールしてんだよ。



しかし、満員電車って面白い。
押せば何故かまだまだ詰まる。



でも、ここからがもっと面白い。
大概何かに集中してしまうと電車の揺れには
対応しにくいもの。
しかし、彼女は背中を私に預けてんだよね。
私はしっかりつり革につかまってるけど。
完全に全体重乗せてきた。



毎日乗る電車の揺れポイントを
確実に把握しているので私の向きから
後ろに揺れる瞬間です。
ひょいっと少し横にどいてみた。
揺れた振りしたんですけど。


見事になだれて行きました。
あのね、人を頼りにしないの。
自分の足でちゃんと立ってくださいね。


また別の日には
背後に背の高い外国人の男性が
立ち・・・・




頭に新聞乗っけられた。



で、普通に読んでた。



かなりおかしかった。
多分周りで見た人のほうが
もっとおかしかっただろうな。
ちょうどいい高さだったってこと?
コラ〜っ!!



満員電車ではいろいろ起きます。
朝っぱらから不快な思いをすることも
たくさんあります。
タダでさえ機嫌よろしくないときに。
でも、毎日通っている我々は
本当にご苦労さんなのでありました。

| 怒! | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
秋華賞。
秋華賞


5-7-8-10のBOXの3連複。
5-10だとあまりにも低いので。
欲張ってみましたところ・・・。





外したぁああああ!!



よ・・・横山かぁ。
乗り代わりだし。


と侮ってたら

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!




って喜んでるばあいぢゃないっ!
| 怒! | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
とあるお好み焼き屋。
都内にあるオシャレな作りの某お好み焼き屋さんは個室完備でメニューが豊富。
一品料理も多彩に揃えていて味もよかったんだけど、
コースメニューで入っていた「お好み焼き」が非常に不味かった。

・・・?
あれ?ここお好み焼きメインの店だったよねぇ・・・。なんて思った。
ただただしょっぱいお好み焼きなんて食べたことがない。
何人かはその味に気付かないようだったが同席していたもう一人の関西系人は
「うわっ!なんやこれ??」と小さい声でつぶやいていた。

0点!!
| 怒! | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
それだけはなくさないで欲しかった。
私が落としたのではないのだけど。間接的に死ぬほど痛い気分になったものは旦那が無くした携帯電話。

携帯のカメラでよく撮影していたんだけど、私が神宮球場でアホみたいに古田を応援している後姿のムービーとかわざと変顔しての写真ですとか。
とにかくまともな顔しているのとかは一枚もない。

落っことしたのは旦那だけど、痛いのは私だった。
ションボリ〜。
| 怒! | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
お花見での出来事@人は変わるものです。
15年同じメンツと以前書いたけど、その典型的な出来事があった。
Kとは15年前から何年間か一緒に仕事をしていたのだが、お花見の朝電話をしてきて
「何も持たずにきて〜。早くおいで。食べ物は女子どもが昼過ぎに持ってくるから〜」

???女子どもに入ってないのか、わしは。
旦那が歯医者に行っているのでどうせ昼過ぎからの参加になるので手作り焼き鳥とだし巻き卵を準備する。

現場に到着して作ってきたといってKに渡すと必要以上にビックリして作れると思ってなかった・・・という。
彼曰くイメージがないのだと。

まあ、ムリもないと思う。Kと一緒に仕事してたころは昼も夜も関係ない仕事で外食する以外どうにもならないんだから。
いまや普通の生活のできる仕事に転職をしてしかも結婚してんだぞ!
人は変わるんだよ。でもKは相変わらずだった・・・。変わらない人もいた。
| 怒! | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
全部ダンボールに詰めて捨ててしまえ!
旦那の口癖である。
なんせ私は物を捨てられない。
旦那は「これはゴミでしょ?」というが私は「それは要るの!」と答える。
旦那は「じゃ、何に使うの?」というが私は「何かに使うの!」と答える。

・・・とまあ、キムチの入れ物とかさ、梅干の入ってたボトルとかビン型になっているものは何でも洗って取ってあるワケですよ。

旦那は「もう観ないでしょ」というが私は「いつか観るかも!」と答える。
旦那は「もう読まないでしょ」というが私は「いつか読むかも!」と答える。
旦那は「いつかっていつ!」というが私は「いつかはいつか!」と答える。

一生観ないであろうビデオテープとか。一回録画したものを上から消すということも出来ない。今はDVDになったからまだいいものの。
創刊号から3年間分くらいの「SPA!」とか「ダヴィンチ」とか。

自分でも不要なのはよく分かってるんですよ。
ただ気合が必要で捨てようとして中身読み始めたりして進まないのさ。
だから・・・ムリ。
| 怒! | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
引越しの見積もりは絶対取らなきゃダメです!ジジィの勘ってやつは・・・。
Sちゃんが実家を離れて独り暮らしを始めるというので思い出した。
前、同じ区内同士で引越しをしたときのこと。

チラシが入っていた
「独り暮らしの方の引越し、一律3万円で承ります」。

これ、一番危険ね。

お見積もり即時と書いてあったので電話してみたら部屋の広さとメインの電化製品しか聞かないし、こっちが

「見に来たほうがいいですよ、本とかビデオとかアナログ盤とかスゴイですよ」というのに

「女の独り暮らしなんかたかが知れてるよ」と言いやがった。

てめぇ!バカにしてんのか?と思った。
でも面倒くさがりの私はここでいいや〜とか思ってさ。

結局当日そのバカ引越し屋は2トン車コロがしてきちゃったので3回往復する羽目に。
挙句、夕方5時までの約束のバイト君が時間切れになり、そのジジィはキレながら引越し作業をしていた。

と、思ったら作業の途中で「これじゃ3万なんてワリに合わないよ」とグチリ始め、最期には「もう少しもらわないとここでやめる」と言い出す始末。

「だから見積もり来い!って言ったでしょうが!!」と反論するも
「長年の勘で出来ると思ったから」と反撃。

「じゃ、データにはまらない人間もいるということを勉強できてよかったでしょう。でも、かわいそうなので倍払いますよ」と笑顔で言ってやりました。

確かに自分でもおもったんだもん。ありえないって。
ジジィの経験も大切かも知れんが若い人の言うことに耳を貸すというのも大事だと思うぞ。
| 怒! | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
SPONSORED LINKS
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
CHOBI
リラックマ!
MOBILE
qrcode