満月の夜に魑魅魍魎。

もういいや、テーマとか何とか。
適当にぶつぶつ言っておくw
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
富士総合火力演習行くよ!!
JUGEMテーマ:趣味
 
今年はもうダメかなぁとか思ってたんだ。富士総合火力演習、何処からもチケットはいらないなぁと。最後の最後にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
金曜日昼に日曜日のチケット確保との連絡あり。土曜日のほうがラクなんだけどこの際わがまま言わない。ありがとう。

去年のエントリを読みながら何を準備するかを考える。
おお、冷凍おしぼりね。やっぱり1年て忘れるもんだなぁとつくづく思う。
明日は晴れるし気温も30度超えるようだし、日よけ関係充実させないとなーとか。
薄手の長袖とか書いてる。
そういや直射強すぎと湿気がないので汗かくより焼かれる感が強かったんだった。
自分で書いておくと本当に役に立つな。
いやその前に記憶しておけよ、という話もあるんだけど。

あとそうそう、座るのにいいクッション、エアクッションはやはり心持たないので普通に小さなクッションを圧縮袋に入れてぺったんこにして持ってけばよい!!というね。
あとで買ってこよう。
おしぼり凍らせたの数本、着替え、レジャーシート、手軽に食べられる何か。
前の高尾山じゃないけど、ギョニソとかおむすびとかゆで卵とか。
現地で焼きそばとかお弁当とかもあるのでオプションでおかず程度には・・・みたいなw
多少のものも、クーラーバッグで凍ったおしぼりとか保冷剤とか一緒に持ってきゃ大丈夫だなぁと。

あとやはりここのところ晴れるとは言われても信用ならない気候なので、ゴミ袋3枚か。
あと携帯など水濡れ厳禁系を守るジップロックは必須か。
傘は最小限で行ける晴雨両用でいいかなぁ。小さいけど。
あとカッパとか。
雨と暑さ両方しのげるものを最小限で持っていくのがいいな。

ふう、遠足の前の日の気分だなぁこりゃ。
明日は始発近い出発、なので今日は早く寝るんだ。
寝ろよ、自分ww
| 嬉! | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
富士総合火力演習に行ってきた!
 初めてだった。チケットはあったけど、突然なので行けないことはあったんだけど。
今回も突然だった。

JUGEMテーマ:趣味

その突然に自分の心が後押しをした。
「めったにみれないぜ?これ」

そうなんだよね、応募してもなかなか当たらないものだし。いくしかねーわな。
旦那は「オレはいいや」
そんな答えはわかってたんだ。
でも、今回はひとりでも行くと決めてしまった。

ただし私は軍事ヲタでも右でもない。


プラモデルヲタだよw


今回自分が作ったものたちの本物に出会う機会だったんだ。
この目で見てみたいわけ。
想像しながら「これ飛ぶんだよなぁ」とか「これ飛んでるとこ見てみたいなぁ」とか。


と、いろいろ考えてはいたけど、ひとりだけこの人は行きたいのでは?と思う女子がいたので
誘ってみた。しかも前日の夕方。


「なんで急なんですか!!行くに決まってるじゃないですか!!」で、即決だった。
今回彼女のGJは車を出してくれたことだった。
そしてこっちのGJは駐車場券付きのチケットをいただけたことだった。

オープニングの宣言直後に飛来したF-2とか。
そこで即死しそうな自分がいましたが。

アパッチとコブラがペアで侵入してきたときには悶絶死ぬ感じw
時にヘリコプタが大好きなので。
うああああああ。なんだこれ。
二つとも前かがみの低空飛行で目の前にいるし。
カッコ良すぎる、死ねる!!とか思ってたら
で、ホバリング、で!撃つし!!
薬莢バラバラバラ・・・「本物過ぎる!」


戦車に至っては打つたびの大音響と弾道を見て「えっ!!そこの的に当たるのか!!」という驚きとか。

なんと弾も見えるではないか!携帯なのに!

あと、偵察隊というバイクチームもすごくかっこよかったし、書ききれないけど、何もかものスゴイ。
実は私は会場や駐車場やバス乗り場を仕切ってた人たちの動きも見てたけど、「ムダがない」

ああ、そっかとか思った。
ただ統制取れているだけではなく細かい気配りをしてることにも気づいたし。
事件としてとりあげることは多くても、真逆のことは取り上げないよなぁとかしみじみした。

「なり手が少ない」という話は聞くけど。



・・・誰もがなれるわけじゃないし、選ばれし者の勇姿を見るいい機会だった。


いや、勇姿を山のように見れる世の中にならなきゃいいのになとか正直思った、
そんときは大変なことになってるわけで。
でも、そうなったときにはきっと頼もしいんだろうなと正直感じて安心したのも本音。



駐車場までのバスの降り口にいた係の隊員さんに「ありがとうございました」と言ったら
「ありがとうございました、お気をつけて!」と返事された。

うん、有事にならず、来年も演習観にきたい!とか思った。
演習いいよ、演習!!

次のこの関連のことは「もし見に行くことになったら」という注意項目系で書こうと思うんだな。
いやはや、注意してもしきれんてw
| 嬉! | 01:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ゆるく薄く長い絆はそれはそれで心地よい。
 
JUGEMテーマ:音楽

おはようございます。もうすでにひと眠りした後の若干眠さを残した感じで。夕べ本当に偶然としか呼べない何かそんなことがございまして。まずはいつものご とく、いつもの居酒屋で一杯、それからいつものバーに参りまして、沖縄出身店員ちゃんと「ひんけつ検査」という沖縄独特なんだろうがの検査方法の話で盛り上がり。私はだんなチ ンを残し、その「ひんけつ検査」こんな若い子がやってたくらいのことはオキナワンは知ってるに違いないとネットに投げて聞こうとか。あまりに野蛮系な検査 なので。なにやらカッターナイフの刃みたいなので指先切ってストローみたいなのでちゅーっと血を吸って検査にまわすとか。恐るべし、「ひんけつ検査」。今でもやってんのかなぁみたいな話をしていたので知りたくなっちゃったので、速攻帰ろう、ネットで聞いてみよう!と思ったらマフラーを居酒屋に置き忘れたことに気づく。ひょえ!とりあえずそーっと見たらわかりやすいところに乗せててくれたのでひき戸を開けて大将に目 配せお礼をしてそーっと帰る。

こうなると本来帰るルートと少し変わるのであるけど、そんな時間は変わりない。ちょっとした甘いものとチューハイくらいは買うかなとか思いコンビ ニによる。そしてそのよこにあるライブハウスの前をとおりすぎ「おお。今日もライブやってるなー」と通り過ぎてかすかに耳に残った歌い手の声が記憶の何かが鷲掴む。通り過ぎたものの、少し戻って出演者ボードをぼんやり見る。「どあっ!!!!!!生きてた。やってた。」・・・大学卒業してすぐく らいにアマチュア興行師みたいな怪しいことをやってた時代に呼んでた東京のバンドのボーカルのソロライブだったらしい。

入り口のお姉さんに「あと何曲ありますかっ」と慌てて訊いたら「これ最後の曲になりますね」・・・えーっと。「じゃあ、申し訳ないんですけど、そ この外のところで聴いてていいですか?」普通、聴かせてくれないんだけど、最後の曲の半分以下のところまで来てたらダメとはいえまいし、許可まで取るひと もなかなかいまい?元業界人としてはそこまでするひとを断るとかあったら「二度とこねーよ!」とか毒づくところでござんしたが。 中で聴かせてくださいといわないのはせめてもの礼儀。また最後の曲の半分過ぎててチャージ祓うとかねーよwいくら知ってるひとでもとか想うしね。
わずか3分ほどのラストソングの半分を小さい音で「外でお預けを食らってる犬のように柵に手を乗せハァハァと」堪能し、やはりここはお礼を言おうと受付のお姉さんに「ありがとうございました」と。そしたら「もうライブ終ったので中入っても大丈夫ですよ、ニッコリ」

まあここいらのライブハウスは終ったら客も残っていいし、バンドもここでそのまま飲んだりする。そんなシステムのところが多い。私はひとりで座席 を見つけ、カウンターへ飲み物もらいに行く。薄めの何かを・・・・とか思ったけど、こういうところのカクテル系は結構よくできているので避けて、知ってる 名前の芋焼酎ロックとか(笑)。

そしてひたすら待つ。懐かしい光景。
ステージ上を片付けるスタッフさんたち。そこの楽屋にいるであろうメンバー。私が業界を経験せずずうずうしくなれる人間、もしくは現在業界人であるならば、そのドアを開けて「おつかれ!ひさびさー!!」と飛びつきに行ったかも知れない。

カウンタースタッフさんもちょっと不思議だったかなぁ。終演後、来店し、芋ロック頼んだ上に、行動を起こさず、じーっとステージバラシの様子を見 ているだけのキモイ(笑)客。その場にいるお客は全員ライブを堪能した余韻を楽しんでいる感じで、うまくいけば本人とちょっと交流して帰りたい、そんな期 待感が満ち溢れた空気。私の周りだけ若干違うオーラがw

楽器関係のメンバーが自分の私物楽器を回収しに出てくる。・・・アコースティックギターを演奏しながら歌ってた彼はギターを残して楽屋に引けたのを見たので「ギター回収のタイミングあり」と睨んでました(ここ、一般人と少し違う目線の待ち方w)
少しして、本人が前の方で待ってたお客さんに挨拶しながら出てきたとき、すべてを投げ置きそばに行き、「わかる?ひさしぶり!!」といったら「う わーうわー!!!」とハグの嵐。若干しゃべって、あとでゆっくり話ししようと片付け優先をして、再び座席へ。そしたら彼との関係を少し興味持ったバンドの メンバーさんが話しかけてくれて、一緒にしばしの時間をすごしたりとか。

世の中タイミング、忘れ物をしなければ通らなかった道。
そんなところに過去に見つけた「宝物」(経験値)が落ちているのだ。中身はミミックではないことも明確な宝箱を見つけてあけるもあけないも自分次第。
再び始まる薄くて長い関係にできればいいなと思う。
別に昔のように密な感じでいなくてもいいんだよ、利害関係なにもないしたまに連絡取り合い安否が確認できればいいねとか想う。最近本当にゆるい関係が好きなんだな。
| 嬉! | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
あまりの放置具合で。
自分でもJUGEMやめようかなぁとか思ったけど。
それはそれで頑張ればいいじゃんみたいな。
もちろんmixiの使い勝手のよさったらない。
でも、何年間もの、メモライズ時代からの移行の日記もあるし。
たまにはくるさ。

カメもあれからすごく大きくなった。
旦那チンとも不思議な関係になりつつある。
会社も変化した。

まあまあ人生いっぱいいろいろ。
最近ここに来なくなって、コメント書いてくれた人が
過去の日記で書いてくれている。
それがすごく嬉しかった。

遠い記憶に向ってコメントくれた人、ありがとうね!!
感謝します。
| 嬉! | 22:18 | - | - | ↑TOP
久々!「ぼくの街づくり 街ingメーカー++」ついに! 
ここには久々の登場。


「街ingメーカー」


ついに 最終ステージ に到達した。


しかも!


あと 400人 で終了。




長かったorz。




ステージ26からはまたミッション繰り返しらしい。
ステージ49はクリアできないのでは?という情報もある。



よし、49クリアできるかどうか
挑戦してみるなり。



って・・・まだまだ先は長い・・・のか。

| 嬉! | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
捨てたもんじゃないよなぁとしみじみ。
先週の木曜日に定期を落とした。
というか落としたかどうかさえ定かではなかった。

というのも出勤するときはあったはずなのに
帰宅するときは定期入れごとなくなっていたから。

まず、落とすものじゃないし、
そんな距離もない。


・・・じゃ、なんで??


とにかく金曜日はパスネットで通勤し、
途中で交番に届けを出して
帰りに駅で訊いてみたけどやっぱなかった。

三連休なので勿体ないし、
火曜日の朝定期を購入した。

そしたら火曜日の昼過ぎに携帯に
警察から電話が!

見つかった。

喜び勇んで取りに行ったところ、
カード類もすべて無事。
もちろん定期も無事。
万が一のときの1000円も無事。

でも拾ってくれた方は
「礼には及ばぬ」と言って権利放棄されたそうだ。

拾得場所を確認したら


会社のまん前!

気が抜ける思いと拾ってくれた方への感謝の気持ちで
心の中が一杯になりました。

本当に世の中にはこんな親切な人もいるんだなぁと
つくづく思った昨日でした。
| 嬉! | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
UFOキャッチャー
20050926_34818.jpg
夕べの収穫。


三連休初日。
ダラダラして過ごしてしまう。

三連休二日目。
ダラダラして過ごしてしまう。

三連休最終日は居酒屋さんで夕飯食べて、
UFOキャッチャーやった。

こんなに取れちゃったのね〜。


一番手前のは目覚ましタイマーらしい。


まぶたが動くらしい。


まだ電池入れてないからどんなものか
イマイチわからない。
| 嬉! | 09:27 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
「ビックリハウス」なるもの。
その昔「ビックリハウス」という名前の
雑誌があった。

パルコ出版が発行していた。

コーナー別に設けられていた
読者投稿がかなり笑えた。

非常に面白い雑誌だった。


それなのに
読んでいる人は周りにほとんどいなかった。

今の個人情報保護法など関係なかった。
投稿者の住所が全部載っていた。

面白くて大好きな投稿者に
読者がファンレターを出したりしていた。

私も出した。
相手から返事が来た。
スターから返事が来たくらい
心から嬉しかった。

今思えば、おかしな話だった。
相手は紛れもない一般人だった。
礼儀正しい一般人だった。

「レスカ」というコーナーがあった。

読者同士が集合して喫茶店に行き
レモンスカッシュを注文して
交流するという今思えばオフ会のような企画だった。

当時中学生だった我々姉妹が
呼びかけたら同じ大学だという
4人組の男性がやってきて
「レスカ」した。
喫茶店ののち、
近所の公園で遊んだ。
それでおしまいだった。

今思えば危険な遊びだった。

80年代日本は平和だった。



| 嬉! | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
今日の戦利品@UFOキャッチャー
20050906_20087.jpg
大きいジジ2匹。
ふたつを引き寄せ一気取り。
1000円でゲトー。

タグの値段を見て驚いた。

1匹1600円だって。

すご〜くお得な気分。
| 嬉! | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
やっぱSMAP楽しかったぞ〜。
2年ぶりのSMAPコンサートは中身もかなりの
充実っぷりに大満足な出来栄えでした。

今回は千駄ヶ谷の駅に着いてもうビックリ。
物販の最後尾が駅前かよっ!

だんだん並び方がギュウギュウになってきたので
5分並んだところで物販は諦めようということになり、
しぶしぶ千駄ヶ谷門へ向かう。

千駄ヶ谷門の近くに列があったのでそこに入って
「さ、これで中に入って座れるね」とか言ってたら、

その列はなんと物販の列だった!
よ・・・横入りしちゃった??
不本意なショートカット。

そのつもりは毛頭なかったんだけど。

「間を空けないでくださ〜い」という
係りの人に促されるままに歩いていたら。
ガンっ!

今回は買う気はなかったのだけど、
ペンライトとうちわとバッグとパンフ購入。

普段どおりだなぁ。
続きを読む >>
| 嬉! | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
SPONSORED LINKS
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
CHOBI
リラックマ!
MOBILE
qrcode