満月の夜に魑魅魍魎。

もういいや、テーマとか何とか。
適当にぶつぶつ言っておくw
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
飲み屋のお仕事。
JUGEMテーマ:日記・一般
 
以前居酒屋のお仕事入ったんだけど。
ぶっ倒れてまんま辞めたw
倒れた拍子に腰いわした。
次の日に起き上がれない程度の激痛。

仕事辞めた時期でもあったのでまんま雇って頂いたのにも関わらず。
それでも数万円は頂いたんだよなぁ。
時給制だったし。

歩合制はやれればやれるだけ給料になるわけだけど。
坊主こえええwみたいな話。

仕事辞めた当初に雇って戴いた店とは違う店で再び働いた。
そこは歩合制。
店自体にお客付いてたんで人は来てくれた。
私も客で行ってたってこともあって「アレ?入ったんだー」みたいな感じで人は来てくれた。

「お前そこの子になっちゃうぞ?」と言ってくれる人もいたけど、
いいんです、今ここの子です。
大好きなカラオケと美味しいお酒(いや美味しくはないw)で充分だったなぁ。

でも気が抜けたんだよな、必死過ぎて。
7月に入ってから2回救急車とか。
マジで死ねるわ。
病院代半端無かったw



そして画策中なんだよなぁ、今。
「お前自分で店やれよ、そしたら本気出すんじゃね?」と言ってくれる人もいる。
いやそんな金ねーよwだよw

この辺の家賃パネェなんっすよ。

だったら軒下借りてやるしかねーわな。
今はまだね。
| 仕事 | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
一人ぼっちの夜。
JUGEMテーマ:日記・一般

人が好きすぎて軽く死ぬわw
1人でいることも好きだけど人といるのが本当に好きなんだなぁと。
おとなりの女子が一生懸命仕事してるのも好き。
おとなりに人がいることがわかるから。

「お疲れ様です!」ってすれ違うとヒトコト交わす。

最後は一緒に飲んでたw
その子もお客さんが持ってきたっていうお菓子を持って。
「これ食べましょう!」みたいな。


そこ子も帰り一人ぼっちになりかけたけど。
斜め前の店に最終突撃、「店の鍵どこだ?」と言ったら「カバンの中身全部出せ、話はそこからだ」

・・・もう20年近い付き合いの方はよく知ってるw

「あ、これ、あった」「だろーーww」

「で、金ないし、財布持ってきてないけど飲む」「おう、今日は送らねえぞ」「飲ませろ」「なんかあったか?」「まあこれ飲んどくか」「ほえ?ボトル?誰の・・・」「お前のだよww」「で、金ない」「いーよ、今日は」

そんな会話を展開できる関係性がありがたい。
甘え過ぎかな。

もう一生甘えて生きたいとか思っちゃうけど甘えてばかりはいられないのも知ってる。


あーーーー甘える相手ほしいwww




涙がこぼれない程度に。
| 仕事 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
前の会社から合わせて約10年!!
JUGEMテーマ:日記・一般
 
 いやはや、長いような短いような。まあ、早い話が仕事を辞めるってことなんですけどね。どうやって生活すんだ?自分とか思わないでもないですが、なんとかなるでしょうって感じで。「何とかならないのが今の御時世なのよ、何のんきなことほざいてんだ?」という風に聞こえるかもしれませんが、そりゃ内心穏やかじゃないですよ。話せば長い道のりでございました。

 ひょんなことから現場&営業(本当は一言で言える職業ですがね)から転身の内勤ですと。もちろん会社も業界も違うわけです。10年ほど今の社長を見てきたんですけどね。前の会社は専務、新会社で社長になった人。もちろんお世話になりましたわ。

 かれこれ10年一緒に仕事してきたんですけどね、気にはしないようにしてきたんですけどね。それも古い人間から順に攻撃が始まるんですよね。「気心知れている」とか「オレの気持ちはわかるはず」とか、冗談じゃござりませんわ。攻撃方法、最初はぼろカス言い出す、陰で。最後無視。前の会社でもあったんですけど「雰囲気悪くなるんで◯◯さんだけ無視とか辞めてくださいよ」って何度か言ったこともありました、ええ。

 「まさか自分が遭うとか!」とは決して考えておりませんで、前の会社から引き継いで来た人は皆無になり、「うっわーそろそろ来るな」という予感通りの展開。あまりに分り易すぎて笑っちゃう程度なんですけどね。そこで、こうなったら断ち切るしかないなぁと。理不尽にも程があり、業務にも支障がでちゃうのでここはいっその事責任押し付けられたりする前に役員の立場ごと辞任してしまえ!とww

 ただ、会社ってさぁ、財布預かる人間とか役員とかが突如辞任って印象悪いの知らないのかなぁと思ってたらですね、私が辞める理由を外には「親の介護とかあって大変そうだし」とか良い人ぶってるわけで。「大変なんだってー?」って外から言われてたまげたっつーんです。財布預かり&役員ですし。こりゃ、ねぇ。気持ちの問題で済まない話になっちゃうんだけどなぁ。それでいいのかな?とふと疑問に思ったりするんですけど。

 過去にも5回ほど辞める辞める攻撃してきたんで、やっとって気分は自分の中にあるものの、今期決算だけは片付けたいなぁと考えてたので、ちょwってなってしまったんですね。経理も何もやったことのない35歳男、引き継ぎすらやってませんが、普段決算なんか5月末近くまでで形が整うっていうのに、3月一杯で放置ヤメするとか怖すぎる。

 ま。あとは野となれ山となれでではありますけどね。幸い4月からの仕事先の目処も付いているってところでですね、もうかかわれないのよ?って話は最後の最後にしようかなと。しっかし、最終の話し合いをしてないのに、外から聞く話はかなりのガセに近い話になっていて、それだけでも辞める価値あるなぁと。正体見たり!!10年間ようやってましたわ。

 おつかれ自分!!さ、次いってみよ〜!!
 
| 仕事 | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
決算に立ち会えないので(笑)。
JUGEMテーマ:日記・一般

(※今までもこれからも「これ」に関する話は「超」フィクションです?)
 
まさかの3月末で退社が決定しているわけですが。これはどうなのかなぁ、別に公務員でもないんだから、退職金もないんだから、せめて決算の結果でるまではいたいんだけどねぇ。心情としてだけの問題なわけですが。別に職務まっとうしたいとかそんな責任感じゃござんせんよ。

そんなこんなで今から3月にかけて過去1年間の資料をすべて見直し期間に当てております。だってね、辞めてからいろいろ呼び出されるのも嫌でしょ。実は次決まってるので迷惑かけたくないしなぁとか。

で、肩も首もカッチカチーなのでもれなく整骨に向かうことに。アレですよ、一種の癒し効果もあるし、話できるし。なんてーのか息抜きがてら、体いたわりつつのリクラリゼーションってヤツっす。


【主な登場人物】

院長:ドSキャラ(言ったら傷ついたと言われたw)・以下「院」
担当医:私からは癒し系だけど、院長曰く「クズ」ひでぇw・以下「担」

【お値段以上…w】

話し関係ないんですけどね、「おねだんいじょう」で、変換したら「お値段異常ニトリ」まで予測して変換するのはどうなんでしょうか。異常ってなー。では本題。
今日の担当は・・・院長ですか。背中や首や肩をひと通り触ってみて一言。

院「さぁ、今日何をやってたか正直に話していただきましょうか?」

いきなり尋問口調っすか。

私「今日トータルで9時間中8時間15分ほど数字打ちまくってました」
院「あーーーそれですよ。普段真面目にしないことをするからそーゆーことにw」
私「ちょw失礼な。なんてこと言うんですかっ。もう夕方以降目が疲れすぎて、3か6か8かハッキリせーや!って資料に向かって文句いう程度に見えづらくなってて。経年劣化ってヤツだと」
院「ハッキリ言ってそれとは違います。視神経のピント合わせる部分がどうも傷ついてる気がするんですけどねぇ」
私「なんで?」
院「首です、首。昔交通事故に遭ったって言ってたじゃないですか。視神経通ってる場所なんですよね。その時はわからなくてもあとからどんどん悪くなるけど、その時には示談すーーっかり済んじゃっててどうにもならないとか多いんですよ」
私「へぇ。レントゲンも見てないのにわかるもんですか?」
院「わかりますよー。骨の歪みとか筋肉に引っ張られて曲がってる向きとか。総合して大概のことは。もちろん精密検査やるに越したことないですけど。あ!そういや目の精密検査どうなりました?」
私「土曜日に行くんですけど、遠いし時間早いし、仕事行くより早いですよ」
院「(^ν^)遅刻しちゃダメですからねぇー」
私「出来る限りのことは…」

どうやら経年劣化で見えにくくなるっつーのは、状況関係なしで始終そういう状態になるそうで、とある条件や環境でなるのはまた種類が違うとか。難しいものですな。

院「引越ししたじゃないですか、ちょっとレコードラックをどうしようかなぁと思っててですね」

何を隠そうこの院長、元レコードショップの店員さんで超音楽マニア。健康的なこと大嫌い。運動なんかもっての外、休日は家で音楽聴いてぼーっとするのが至福、挙句家から一歩も出ないなんてざらなんですとか。なので患者さんに運動をおススメすることはしない、自分の出来ないことは人に言わないとか、何かオカシイ気がしないでもないけど(笑)。

院「で、いろいろラック探しに励んでまして」
私「いいのありました?」
院「もう本当にお値段以上ですよ」
私「ああ(笑)」
院「家で嫁の前で♪お値段以上〜って何度も歌ってアピールしてたら『もーウザいっ』っていわれて」

そりゃ言うわね。さっくり買っちゃえばいいじゃないの?という話をしておりましたが、いかんせん、近場にはないので気合入れて家出ないと行き着かないとか言い出す始末。通販で買ってもいいけど、やはり現物は見ておきたいと。じゃあ行きなさいよ!って話なんですけどね。インドア派、いやお買い物程度でアウトドアというのもなんですけど、仕事以外でドアから出るの、どうも苦手みたいですね。

院「でもなんでこんなになるまでしゃかりきに仕事飛ばしてるんですか?」
私「前にも話したけど、辞めちゃうじゃないですか。だから」
院「あれ?後任の人は??」
私「いますよ、いるにはいますよ」

と、件の新人君の話をする。

院「あーそれ、一番萎えるパターンじゃないですか。もうほったらかしで辞めちゃったらどうです?」
私「それも考えたけど、フツーでもややこしいんで猿にでも分かる状態にしておいて、質問は受け付けない、てーのが一番いいかなと」
院「キッパリですね。でも、その新しい人に優しいお姉さまが教えてあげるとか何とか…」
私「ないっ(# ゚Д゚)断じてないっ」
院「なさそうなのはわかって言ってみました」

ったくもー。でも施術ウマイのでいいですw喋りながらもスゴイなぁと毎度思うわけでして。院長の経験からいう話が面白い。場所柄お酒よく飲む人が多く訪れるんだけど、触ったら一発でわかるそうで。でもそういう人に「飲まないほうがいいですよ」っていうのも野暮な気がして何年か悩んだとか。そこで編み出したのが「お酒に負けない体つくり」だそうで。また余計なことをみたいな気がしますが。やめたら一発で調子良くなりそうな人が多いらしいが、これまた絶対ヤメないだろうなと。私がいい例だったようで。「なんか調子悪い〜」っていうところから、禁酒してしばらくしたら「どこがどう」って、つらい場所ちゃんと言うようになったじゃないですか!とのこと。確かにそれはそうか!と膝をポンっと打つ。

睡眠の深さと目覚めの良さと昼の頭の周り具合が違う…と言ったら「何年もムダにしてたわけですねww」ですと。確かになぁ。それは言えたかも知れぬと。

で、順番は普段とは逆で施術後に電気治療。電気終わって…。「電気止めますねー」(*´∀`*)あ、担当医さんだぁ。クリスマスにあげたチョコが奥様がたいそうお気に入りでどうやったら手に入るのかという質問を受けていたのですが、近所で販売してた店がおやすみだったので、実は昨夜聞いてきているのだった。でも今日は整骨行かないし、明日担当医さん休みだし。土曜日にお伝えしますかな。

チョコレート、某所で手に入るけど、希少という情報は近所で販売しているお店が沢山請け負うと大変な目に遭うという理由でほぼベールに包まれてたんだけど。ご近所の好でネタばらししてくれました。意外な場所で買えることが発覚!!根性あれば行くべしみたいな感じでしょうかね。うふふ。まあ私は自分の分だけは確保できるように頼んでおきましたけど。もう一箇所近場で手に入りはするけど、量り売りでチョコ重いしで価格がベラボウだそう。ふーん、いろいろあるんだね、とか思いつつ…

コントハウス整骨院、本日はここまで!! ちゃお♪
| 仕事 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
昔の勘をどこまで取り戻せるか?
JUGEMテーマ:日記・一般
 
実は昔若干、ほんの若干、ひよこ程度だけど物を書くお仕事をしていた。20代の前半も前半。何かを表現したくうずうずしてたのだけど、一番好きな音楽で才能がないなぁと自己判断で勝手に頓挫。以後裏側でなにをやるかなと思ったときにライナーノーツやレコ評と言ったものにひかれて、単純な私は「これは関われる」と。その世界に潜り込むことはいとも容易くちょっとした場所から入ってみた。レコ評を書くことを戴いた。メインの書く方がそこまで好きじゃないというブラック系のものに関して「洋・邦」問わずガンガン回ってくるわけだ。こりゃあいいや。

と、思ってたけどその世界の親代わりとも言える人の言葉は今でも忘れない。「人が作った作品に評価をつけたり感想を書くということの重みをちゃんとわかって書くように。文句や非難はいくらでも書ける。だけど、これを作って世に出すまでに関わった人たちの気持ちを踏みにじる権利は誰もない。これは闇雲に褒めろということではなくて、短い文章であっても、誰かを傷つけ、悲しませることもあるってことだな。ただ、そのもし『そうじゃない』と思ったら正直に書けばいい。そこに愛情があるのであれば。こうすればもっとよくなる、すばらしいものになるという思いがちゃんとあるのであれば読み手に伝わるように書けばいい」

当時私が担当してたの確か70文字とかそんなの。情報だけでも終わる。誰が参加の○○渾身のなんとかとか書こうもんならそこで終了。自分の思いなんか書き込む余地はない。短い中に心を込めることを大事にしなきゃあなと。何がしか思うことや感じたことをひと言は入れるというのを目標にレコ評書いていたのである。読んでた側には伝わらなかったかも知れないけど。いわずと知れたという表現がふさわしいアーティストのアルバムに入った一曲を捕まえて「○○の××という曲へのアンサーソングに聞える」とかそのアーティストが尊敬してやまないであろうものを引合いに出したり。そりゃあ勉強した。知識も機転も愛情も必要。

今自分ができるかというと正直わからない。年齢はそのときにサジェスチョンをくれた方よりすっかり上になっているわけだが(笑)。あの頃、若い人(私を含めて)は素直であり、上の人(今の私より断然年下)は大人で面倒見がよかった、そんな思いが改めてよぎる。

そんな中、国民全評論家計画は進み、誰もが自分の思いを発表できる場を持った。私は自分の日常を書くのがメインだし、知識がないので糞難しいことは毛頭言う気もないし、言う勇気もない。でも、世の中はそうではないらしい。お店や本や音楽の評価はいろんなところで気軽に語られる。それがメディアであるという認識がないままに。これが不特定多数の目に触れるものはメディアだと思えと教えられたアナログ世代の感想。フリーペーパー(ビラに近いものを自費でも出したりもしてた)を書くに当たっても、非常に気を遣った。誰も傷つけず、誰かが楽しめる、そんなものを目指していた。

理由は簡単だ。攻撃するために何かを書くのではなく、盛り上げてみんながそこに興味を持って向かい合ってくれればいいだけなのだ。簡単な事ではないか。

そんな簡単な新聞的なもので250人どまりの動員のバンドを1000人規模以上に一気に持ち上げた記録保持者だぜ!と自分で自分をいまだに褒めている。自分でそういう活動を「愛情草の根大作戦」と名づけたりもしている。

今その情熱はおそらく私の中にもあるのだろうけど、向ける先がよくわかってない。自分自身でいいのかどうか、ほかにテーマがあるのかどうか、考えあぐねているのだ。ただ、考えて出るものではないことだけはわかっているので、何でもいいから毎日いくつか吐き出しながら探そうかと思っている。なので一時期中断してしまったブログだが、生温かい目で見守って欲しい、生温かいと腐りやすいが。そこを耐えてナンボのものである。
| 仕事 | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
役員なんかやるもんじゃねーぜw
JUGEMテーマ:日記・一般
 
まあ、なんか縁あって今の会社に来たのはすでにどれくらい経つんだ?えーっと。結婚する一年程度前だからー・・・8年とかその辺?まあ、条件が「年齢は問わない、臨機応変で動ける内勤、誰か紹介して」と知り合いから言われたのが最初。顔が広そうなので誰か知ってるんじゃないかということで求人依頼が舞い込んだわけ。で、誰かいたっけとか一生懸命考えたけど・・・あれ?もう、自分でいいじゃんwwって手を挙げてしまった。いろんな意味で当時の仕事に辟易としてたし。詳しくは話せないけど。ちなみに臨機応変なんか現場仕事慣れてたらいくらでもwwと。内勤でしょ、バカ言ってんじゃねーよ、くらいの感じ。これは内勤をバカにしているのではない。

ここまでの私の生活のリズムを書けばわかるかもしれない。一週間の中で土日や祝日はまず無視する。週に2〜3回始発終電の新幹線日帰りあり。そうでない場合は2泊3日程度の日帰り不可エリアへの出張などなど。海外もあったし。「なんだこの子供祭りな東京駅は!!」→あ。GWでしたか。これ普通な感じ。もっとすごいのは土日も判別不可。自分に関係ないからね。忙しく楽しかったんだけど、やはり何か欠けてたんでしょうが、普通の仕事をしている今の旦那とは電話交際みたいな感じになるし。

もうね、仕事上でも少しあって。私の上の人がですね、一緒に出張に行った、とある取引先の人にこう言ったわけ。「もうねぇ、すごいっすよ、飲み屋で知り合って同棲してんですよ、この人!!」・・・面白おかしく話そうとしたんだと思う、気持ちはわかる。しかも独身女子なんで・・・どうにもなりませんわって気分。それはさすがにまずいんじゃないの?と自分の保身ではなく思った。やはりすかさず取引先の人は反論した。「どこで出会おうと関係ないじゃん、どこで本当に気の合うパートナーに会うかわからないよ、人生てそんなものなんだから。飲み屋で会うの上等ジャン。趣味とか遊びの話とかして話が合うわけでしょ、彼女がだまされて泣いたとしたらそれはそこで別の話、今楽しく幸せに同棲してんでしょ、君も外出ないと出会いないよ」もうね、GJでした。救われる、そういう私のいえないザクっとした物言い。それから何回か彼と一緒の出張がありましたが本当に気にかけていただき、朝、ポツンとホテルのロビーにいたら「まだ時間あるし、コーヒーご馳走するよ」と喫茶に誘ってくれたり、待ち時間はそばにいてくれたり。なんだろ、お兄ちゃん的なありがたい感じでうれしかった。本当は今お礼を改めて言いたいのだけど、勢いで前職をやめてしまったのでちゃんと挨拶できてないんだよね、調べたら彼の連絡先はわかるのだろうけど。

そんな前振り(長すぎだが)はいいとして、今の会社の前進に転進して、まったく9時−5時に近い生活に路線変更になった。「なんだこの楽な感じは」だった。ところが間違いに気づいた。最初の1年プラス、内部で独立劇があった2年目くらいまでは面白かった。刺激がないとダメな人間だと気づいたのはすでに3年以上経過したときだった。私としたことが迂闊すぎる。その頃にはなんだか反逆者が現れ「彼女と私とどっちを取るの?」とか言ってしまうような仕事が実はできる若者女子が登場して、社長の反感を買ってしまい、「いや、お前要らない」と言われて辞めてしまったり。えええ、人、減っちゃ困る!とか思った。挙句「あそこはなんか怪しいぜ?」とあらぬうわさを立てられたり。あるときは私が社長と反目してしまい、「辞める!」と辞表をムリヤリ渡したら「じゃあ、俺も会社辞めるっ!」ちょ、それは社長ご無体な!待たれい!!という状態で辞められないで今に至る。

挙句だ、2年前から役員になってしまった。内勤もいないので毎日会社の中の生活。これで私がどんだけひとりの時間が多いかわかるかと!外に出られるのは月に1日か2日のうちの30分程度。、どうしても手続きが直接なという銀行に出向くくらい。そんなことを何年もやってたら体調がおかしくなってきた。骨が曲がるとかなに?姿勢がこうとかなに?となった今年。去年、不眠になり、朝もままならず、病院通いも増え・・・「役員なのになにそれひどい」みたいな感じで報酬が社員時代より落ちる。死ぬだろそれ。病院代かかってるって。でも文句は言えない、だから辞めるといえば会社閉める、殿お待ちくださいませ、私が悪うございましたとか、なんのコントだよ、って感じ。

今思えばその時点で辞めていればよかったのかも知れない。だからといってなんの資格もない私はどこにいけるとかなにもないんだが。ただ自信があることは、今の社長が言うように・・・私が辞めるなら会社を閉めると言わしめるだけの影響力を持つことだけだ。なぜなら取引先の皆様には「いないと困る」と言われる。なんで?代わりなんか星の数ほどいる。このご時世だ。私はなんかもっとほかのこと・・・自由業かなんかやりたい。同じ気を使うならお店がいい。飲食店がいい。好きなことをやってもいい時期なのかもなとか思う。元手はないわけだが。20代のころは何人も「お前今の仕事やめて、店出さないか?」と言ってくれた人結構いたんだよな。バブル時期だけど。「お前の性格とか立ち振る舞いみてるとすげー向いてるんだけど」とか言われてた。その頃はもちろん前職が好きだったので「いやーないわ」とザックリ断ってたけど、そこでまた人生分岐点かもしれないし、そこで受けててもバブルで崩壊の分岐点だったかもしれない。
誰か投資してくれるか、宝くじ当たれ!!!

なんか、間違ってるかの??間違ってないよね??
| 仕事 | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
朝から今まで息つく間もなし。
世の中はどうもうまくいかんねぇ。

朝から今までの約3時間ですか。



コーヒーを飲む間もない。




とにかく気を落ち着けて・・・と




現実逃避。
| 仕事 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ミ☆いや〜ん。眠いよぉ
相変わらずPCの前に朝から晩まで座っているお仕事なので
一旦眠気が来たらもうどうにもできない・・・。

今日は会社に誰もいないし、気分転換に文章を書くかって感じ。

大体、数字ばっか見てたら頭おかしくなるって。
もともと数学嫌いなんだし。

いかに文系の私に向かない仕事かってことだよ、ったく。

何だかお昼に食べた五目中華で胸焼けしてるしさ。
しんどいったらありゃせんよ。

本日の夕食のメニューを考えようかとも思ったけど、胸焼け中は食べ物の顔が何も浮かんでこないのココロ。

そうなの、別にヒマなんじゃないの。
明日は25日だからやることは山のようにあるの。
でも、やる気が全然しないの。
毎日夜更かししちゃってるからな〜。
今日こそは早く寝ようと思っても面白いテレビ一杯やってるんだもの。
何も夜中に放送しなくっても〜とか思うんだけど、これがプライムでなくてゴールデンに移動しちゃったらもう見れなくなるし。

とか、ブツブツ言ってたらとんでもない事態が起こった!
眠気もふっとんだぜ〜。
さ!仕事に戻ろう!!!
| 仕事 | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
会社でいきなり絶叫。
突然、パテーションのあちら側より男性社員が絶叫をあげた。




「6月一回も祝日ないやんけ〜〜〜〜!!」


笑った。
| 仕事 | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
連休の谷間。
今日お休みだったら10連休だったのにな〜。
やる気でませんわ。さすがに・・・・。

しかもなんだか谷間のせいか会社自体が暇(笑)。
| 仕事 | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
SPONSORED LINKS
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
CHOBI
リラックマ!
MOBILE
qrcode